Aldebaran~夢追い人の備忘録~

インフラエンジニアです。主にサーバー系を中心に私が学習してきたことを備忘録程度にまとめています。

【CentOS7】Zabbixインストール【Zabbix3.4】

Zabbixとは

主にネットワークやサーバーを監視するオープンソースのソフトウェアである。ネットワークに接続されたデバイス、アプリケーションの監視が可能で、システム全体の稼働状況を把握することが可能。

監視方法にはZabbixAgent、SNMP、ICMP等を使用する様々な方法がある。
障害検知はもちろん。メールやコマンドによる通知機能も備わっている。

 

◆構築環境
【OS】CentOS Linux release 7.5.1804 (Core)
【Zabbix】zabbix_server (Zabbix) 3.4.8
MariaDB】5.5.56-MariaDB MariaDB Server

 

◆構築手順

yum update
※OSを最新版に更新します。
# yum -y update 

 

②FirewalldとSELinux無効化
※本環境ではFirewalldを無効化しますが、環境によってはポート開放が必要です。
設定変更後はリブートします。
# systemctl stop firewalld 
# systemctl disable firewalld 
# vi /etc/selinux/config 

~変更箇所~
SELINUX=disabled 
# reboot 

 

③Zabbixインストール
※本環境ではZabbix3.4をインストールします。
※初めにZabbixのリポジトリを登録します。
# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.4-2.el7.noarch.rpm 
※Zabbixサーバー本体と日本語の言語パック
# yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese 
※サーバー自身の監視用Agent
# yum -y install zabbix-agent 
※必要に応じてZabbix-getもインストールします。
# yum -y install zabbix-get 
(Zabbix getは接続中のZabbixエージェントの値をコマンドラインで取得したい場合に使用するZabbixサーバー用のコマンドです。)

 

MariaDBインストール/設定
# yum -y install mariadb-server 
# vi /etc/my.cnf.d/server.cnf 
~変更箇所~
character-set-server = utf8 
collation-server = utf8_general_ci 
skip-character-set-client-handshake 
innodb_file_per_table 

 

⑤データベース作成
# mysql -uroot 
MariaDB [(none)]> create database zabbix; 
MariaDB [(none)]> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'password' ; 
MariaDB [(none)]> flush privileges; 
MariaDB [(none)]> exit
 
※データベース展開
# gunzip /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.4.8/create.sql.gz 
※テーブル作成,初期データ投入
# mysql -uroot zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.4.8/create.sql 

 

⑥Zabbix設定変更
# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf 
~変更箇所~
DBPassword=password 


# vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf 
~変更箇所~
php_value date.timezone Asia/Tokyo 

 

 ⑦サービス起動
# systemctl start zabbix-server 
# systemctl start zabbix-agent 
# systemctl start httpd 
# systemctl enable zabbix-server 
# systemctl enable zabbix-agent 
# systemctl enable httpd 
※OSの再起動
# reboot 

 

以上でインストール完了となります。
http://<IPアドレス>/zabbix/
でアクセスしログインできるか確認します。

 

・以下の画面が表示されたら[Next step]を押下します。

f:id:navi-se-aldebaran:20180502150000p:plain

 

・前提条件のチェックが全て【OK】になっていることを確認して[Next step]を押下します。

f:id:navi-se-aldebaran:20180502150023p:plain

 

・DB設定画面が表示されるので設定したパスワード(今回はpassword)を入力して[Next step]を押下します。

f:id:navi-se-aldebaran:20180502150052p:plain

 

・Zabbixサーバー設定が表示されるので任意の名前を付けて[Next step]を押下します。(空白も可)

f:id:navi-se-aldebaran:20180502150108p:plain

 

・確認画面が表示されるので問題が無ければ[Next step]を押下します。

f:id:navi-se-aldebaran:20180502150128p:plain

 

・最後に[Finish]を押下して設定完了です。

f:id:navi-se-aldebaran:20180502150150p:plain

 

・ログイン画面が表示されるので、ユーザー/パスワードを入力し[Sign in]を押下します。
※初期のユーザー/パスワードは「Admin/zabbix」です。

f:id:navi-se-aldebaran:20180502150209p:plain

 

ダッシュボードが表示されたら正常に構築完了です。

f:id:navi-se-aldebaran:20180502150243p:plain