Aldebaran~夢追い人の備忘録~

インフラエンジニアです。主にサーバー系を中心に私が学習してきたことを備忘録程度にまとめています。

【CentOS7】Hinemosインストール【Hinemos6.0】

Hinemosとは

監視機能、ジョブ管理機能を備えている統合運用管理機能である。
システム全体の様々なデータを収集し稼働状況の監視や、収集したデータを基にシステムの将来予想値などを分析でき安定稼働が実現可能である。

監視機能としてはグラフの表示も円グラフ・折れ線グラフ等様々あり、閾値の変更などはGUI画面にて設定可能である。(CLIでも可能)

ジョブ管理機能についてはGUIのジョブネット作成エディタにて設定可能。画面開始遅延・終了遅延も設定可能であり、他製品からの設定移行も可能である。イベントやジョブ実行履歴などから稼働状況レポートを自動出力可能である。

また、クラウド用追加機能には、のリソース制御・監視、課金管理などがある。

 

◆導入環境
【OS】CentOS Linux release 7.5.1804 (Core)
【Hinemos】hinemos-6.0-manager-6.0.2-1.el7.x86_64
【Hinemos】hinemos-6.0-web-6.0.2-1.el7.x86_64
 

◆事前準備
①以下のrpmパッケージをダウンロードします。
・ hinemos-6.0-manager-6.0.x-1.el7.x86_64.rpm
・ hinemos-6.0-web-6.0.x-1.el7.x86_64.rpm

※ダウンロード元:https://github.com/hinemos/hinemos/releases#packages
②①でダウンロードした2つのパッケージを/root(rootのホームディレクトリ)に配置します。
winSCPteratermの[SSH SCP]にて配置すると楽です。

 

◆導入手順 

①FirewalldとSELinux無効化
※本環境ではFirewalldを無効化しますが、環境によってはポート開放が必要です。
設定変更後はリブートします。
# systemctl stop firewalld 
# systemctl disable firewalld 
# vi /etc/selinux/config 

~変更箇所~
SELINUX=disabled 
# reboot 


②OpenJDK8インストール
※インストール状態確認
rpm -qa |grep java-1.8 
インストール済みの場合は「java-1.8.0-openjdk-1.8.0.121-0.b13.el7_3.x86_64」と表示されます。

※インストール
yum -y install java-1.8.0-openjdk 
エラーが無く「Complete!」と表示されること。

 

③rsyslogインストール
※インストール状態確認
rpm -qa |grep rsyslog 
インストール済みの場合は「rsyslog-8.24.0-16.el7_5.4.x86_64」と表示されます。
※CentOS7ではデフォルトでインストール済み

 ※インストール
yum -y install rsyslog
エラーが無く「Complete!」と表示されること。

④unzipインストール
※インストール状態確認
rpm -qa | grep unzip 
※インストール済みの場合は「unzip-6.0-19.el7.x86_64」と表示されます。 


※インストール
yum -y install unzip 
※エラーが無く「Complete!」と表示されること。

 

vim-commonインストール
※インストール状態確認
rpm -qa | grep vim-common 
※インストール済みの場合は「vim-common-7.4.160-4.el7.x86_64」と表示されます。

 

※インストール
# yum -y install vim-common
※エラーが無く「Complete!」と表示されること。

 

⑥Hinemosマネージャーインストール
rpm -ivh hinemos-6.0-manager-6.0.2-1.el7.x86_64.rpm 
rpm -ivh hinemos-6.0-web-6.0.2-1.el7.x86_64.rpm

※エラーが無く実行されること。

 

⑦Hinemosマネージャー起動
# systemctl start hinemos_manager 
# systemctl start hinemos_web 
 
# systemctl enable hinemos_manager 
# systemctl enable hinemos_web

 

⑦Hinemosマネージャー起動確認

作業端末のWebブラウザから以下のURLへアクセスします。
http://HinemosマネージャーのIPアドレス

 

以下のログイン画面が表示されるので、ユーザID/パスワードを入力して[ログイン]を押下します。
※初期ユーザID/パスワード:hinemos/hinemos 

f:id:navi-se-aldebaran:20180602193606p:plain

 

ログインに成功すると以下の画面が表示されます。

f:id:navi-se-aldebaran:20180602193825p:plain

以上でインストール完了となります。