Aldebaran~夢追い人の備忘録~

インフラエンジニアです。主にサーバー系を中心に私が学習してきたことを備忘録程度にまとめています。

【CentOS7】ClamAVインストール

ClamAVとは

オープンソースアンチウイルスソフトである。LinuxWindowsMacOS等様々なOSで利用可能でメール、ファイル、Web等幅広い用途がある。
また、zipやtar等の圧縮ファイルに対してもスキャン可能である。

動作としてはウイルス定義ファイル(パターンファイル)を基にウイルス判定を行う。
フルスキャン、ターゲットスキャン、リアルタイムスキャンも一般のアンチウイルスと同様に行える。

 

◆導入環境
【OS】CentOS Linux release 7.5.1804 (Core)
ClamAVclamav-0.100.1-1.el7.x86_64

 

◆導入手順 

①epel-releaseインストール
Linux 用の拡張パッケージで、デフォルトでは使用できないパッケージを使用可能にします。
# yum install epel-release -y 
 

ClamAVインストール
※関連パッケージも同時にインストールします。
# yum install clamav clamav-update clamav-scanner-systemd -y
 

③設定ファイル変更
# vi /etc/clamd.d/scan.conf
~変更箇所~
Example 
User clamscan 
#FixStaleSocket yes 
#TCPSocket 3310 
#TCPAddr 127.0.0.1

※設定ファイルの上記項目を以下のように変更します。
#Example 
#User clamscan 
FixStaleSocket yes 
TCPSocket 3310 
TCPAddr 127.0.0.1

 

④ウイルススキャン定義ファイル更新
# freshclam 

※以下の3項目が更新されます。
・main.cvd is up to date
・daily.cvd is up to date
・bytecode.cvd is up to date

 

⑤起動/自動起動
# systemctl start clamd@scan
# systemctl enable clamd@scan

以上でインストール完了です。